不動産投資の種類

不動産投資と言っても、その対象や投資の手法により、いくつかの種類に分かれます。種類によってはリスク・リターンの比率が変わってくるものもあります。

一つ目は、実際にアパートやマンションなどを購入し、そのオーナーをすることで賃料収入を得る、「現物不動産投資」です。これは自分で実際に不動産を取得しなければならないので、仲介業者から情報を入手したり将来的なリフォームについて検討したりと手間がかかります。しかし、銀行などからの借り入れを利用すれば少額の自己資本で大きな投資を行うこともできるなど利点もあります。

二つ目は、「小口化不動産投資」です。これは手法により分けられ、一つの不動産への複数の投資家が、一人あたりの投資額を少額にして共有持分件を持つことで投資することです。これにより一般の個人では投資が難しい高額な物件などへの投資も可能になります。また、実際の事業運営は不動産のプロに任せることもできるため、通常の投資に比べると、比較的事務手続きが手軽なのも利点の一つです。

もうひとつ代表的なのは「J-REIT」です。これは、投資家からの出資金により、オフィスビルやマンションといった不動産を購入することで行われます。その際発生する、賃貸収入などを、投資した人々に分配するものです。